冬虫夏草を巡る市場事情

冬虫夏草と北虫草|チベット高原産冬虫夏草と北虫草ミリタリス 冬虫夏草を巡る市場事情

  • 菌種指定:チベット高原産冬虫夏草
  • これ以上の定評
菌種指定

「冬虫夏草は何を選べば良いのかわからない」
お客様からこのようなご相談が少なからずございます。

流通する冬虫夏草の製品は、
チベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)、
北虫草(コルディセプス・ミリタリス)、また類似品の亜香棒虫草などがございますが、
冬虫夏草とは虫草のなかでも、1種類しかないことは知られていません。
ここでは漢方原料の卸問屋として、中医の見解を公平な視点でお話をさせていただきます。

なぜ虫草全般が、冬虫夏草として流通するのか?

冬虫夏草の市場は、他の漢方素材と比較しても、
自社製品を賛美し、他社製品を非難するような広告が多いように思っております。
そのため消費者の購入判断がしづらい傾向にあること、漢方卸としても残念に感じております。
あまり語られることはありませんが、こういった非難合戦の背景には、
コウモリガを宿主とするチベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)と、
蚕の蛹を宿主とする北虫草(ミリタリス・シネンシス)を巡る、
よんどころない、ある市場事情が背景にございます。

チベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)菌は、固有種のため韓国や日本には存在しません。
また宿主とするコウモリガも固有種であり、日本や韓国に生息するコウモリガでは
宿主として育つことはございません。
チベット冬虫夏草の菌株を輸入し、自国のコウモリガで培養できれば、
何の問題もなかったのですが、チベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)の菌株は、
中国国外への持ち出しが禁止されているうえ、韓国や日本のコウモリガでは培養できないのです。
そのため韓国や日本では、チベット冬虫夏草以外の菌株、
つまり北虫草(コルディセプス・ミリタリス)のような蚕蛹を宿主とするサナギタケや、
蝉に寄生するハナサナギタケを利用せざるを得ない事情がございました。

北虫草(コルディセプス・ミリタリス)が、
チベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス)よりも、品位が劣るということではございません。
中医の生薬として近年まで認可されていなかったため、販売へのアキレス腱になると考えられたのです。
このことがチベット冬虫夏草と北虫草における、論争の応酬に火を付け、
北虫草は冬虫夏草の名称に乗っかるかたちで市場に投入されました。

話は戻りますが、
冬虫夏草と北虫草、どちらが優れているか一概に言えるものではございません。
菌株の種類や寄生する昆虫が変われば、有用成分の種類やバランスも変わります。
漢方卸ゑびやでは、中国で古くから三大漢方の一つとされてきた、チベット冬虫夏草を紹介したいと思います。
秦の始皇帝や楊貴妃も「不老長寿の秘薬、幻の聖草」として好んだ冬虫夏草、
中医では厳格に、冬虫夏草とその他の虫草は区別して扱われています。
漢方卸ゑびやは中医の位置づけに則り、冬虫夏草を紹介させていただきます。

正式名称
・チベット冬虫夏草(コルディセプス・シネンシス) 学名. Cordyceps sinensis Berkelley Saccardo
・北虫草(コルディセプス・ミリタリス)学名. Cordyceps militaris

弊社の冬虫夏草(指定品)は、中国政府に認可された冬虫夏草です。
中国衛生部・国家医薬管理局(浙衛薬発(85)100号、浙薬総科(85)130号)
政府認可のメーカーで培養された原料、厳しい検査をクリアしております。
昨今取り上げられている天然品と称する粗悪品(金属粉・粘土塗りによる重量増)とは、
まったく無関係であること、書き添えさせていただきます。

「何を基準に」その選定力が漢方卸ゑびや

菌種指定:チベット高原産冬虫夏草
これ以上の定評

冬虫夏草 指定品(西蔵)の卸通販 1ケ月分 2,655円

ご注文と詳細はこちら
冬虫夏草
ご注文はこちら
  • 菌種指定
  • これ以上の定評
ページのトップへ