高血圧に水蛭の漢方サプリメント

60代男性、森屋様  単に血圧を下げるのが目的でなく 正常に戻し保つ、体質改善

KV01

IT関連の技術は、進歩目まぐるしく、
プログラマーは新しい知識や技術のインプットとアウトプットを
常日頃から磨いていないと、そうおっしゃる森屋様。

納期直前の忙しさは、どれほど余裕あるスケジュールを立ても、
何らかのトラブルが発生し、たいてい残業、徹夜、休日出勤で対応することに。
最終的には体力と根気の勝負といいます。

高血圧は上盛下虚、上った血を下げる

そうした、これまでの激務による生活習慣の乱れゆえでしょうか、
現在、森屋様は高血圧で通院されています。
スラリとしたスタイルで、一見高血圧の方に多いメタボ体型ではございませんが、
コレステロールや中性脂肪、肝臓の数値も指摘されているとのこと、
いずれも高血圧の要因となるため、動脈硬化や血栓の予防に、
知人より勧められ水蛭を取り入れたいと考えています。

世界保健機関(WHO)では、最高血圧140mmHg以上、または最低血圧90以上を高血圧の基準と定めています。
高血圧はサイレントキラー、静かな殺し屋といわれ、血圧が高くなると頭痛やめまい、
首や肩こりなどが起こすだけでなく、そのまま放置すると、自覚症状がないまま動脈が硬化し、
血栓や血の詰りが進行、脳卒中や心臓、腎臓への重大な疾患の温床になることが少なくありません。
なかでも脳卒中は高血圧との関係が甚大とされ、最高血圧が10mmHg上昇することで、
脳卒中リスクがおよそ男性で20%、女性で15%高くなると言われています。

高血圧に西洋薬では主に降圧剤を使用し、
血管拡張や利尿作用など循環器に直接作用することで、血圧を半強制的に下げますが、
漢方では「高血圧は頭に上った血を下げる」と考えます。
単に血圧を下げることを目的とするのではなく、
血圧を正常に戻し保つことを重視します。
高血圧はストレスや加齢により自律神経が崩れる下腹部の冷え、
いわゆる腎虚を起因とし、
上盛下虚(じょうせいかきょ)という、
頭に血が上りやすく下がりにくい、水毒の状態をいいます。
そのため自律神経を安定させることで収縮した血管を戻し、
血管内の水分代謝を促進、
さらに血量のバランスを調整する肝を高め、瘀血を解消することで、
血圧を正常に保つ体質改善を主眼とします。
高血圧は血管と血液だけの問題ではないことから、
中医では瘀血を解消する水蛭と併せ、腎虚への蜂の子、
補肝作用の田七人参を用います。

「休日は映画鑑賞に久々に出掛けたい」
進行中のプロジェクトがようやく納期を迎え、
この週末はゆっくりできると森屋様。
プロジェクトから解き放たれ今こそ、
「血圧検査に病院に行った方がよいかも」とご冗談も。
これからは出来るだけ水蛭など自然のもので、
血圧の安定と健康を維持したいといいます。
水蛭は風味に少々癖がございますが、リピートの多い素材です。

水蛭はお薬ではなく食品区分の漢方素材、
効果効能や処方を標榜するものではございません。
個人様にも水蛭の原料粉末そのまま、
サプリメント加工前の水蛭の粉末をご用意しています。

  • 単に血圧を下げるのが目的でなく 正常に戻し保つ、体質改善
  • 単に血圧を下げるのが目的でなく 正常に戻し保つ、体質改善

カーソルを合わせると
画像が拡大します

水蛭(ヨーロッパ医蛭)の卸通販 1ケ月分2,655円

ご注文と詳細はこちら
ページのトップへ